ベクトル変換

  • 2019.08.02 Friday
  • 17:45

はい、今日もあついですね。

今日はね、新しい敷き布団が届くんです。18時-20時の便。

だからそれまで起きてないと。

まあ、さすがにフツウは起きてるけどね。

でも時々僕はフツウじゃないのです…。

 

出かける間際、僕がコード理論を教わっているO先生から、某案件について丁寧なメールをいただく。

ありがたいことです。

こういうことを、僕も僕の教え子にはしてあげなくちゃなって思うようなことです。

できる限りのことを、教え子には教えたい。

時間の制約とかもあるけどさ。

できればそこはけちけちしないで、教えられることはどーんと教えたいです。

それがもしかしたら、僕が生きていた証にもなるかもしんないもんね。

音楽作るのと一緒でさ、そういう、生きていた証、みたいなものは、

要らない人は要らないんだろうけど、必要な人もいるんだと思う。

僕は、必要な方の部類だろうなあ。

もしかしたら人生、ホントはホントに意味なんてないのかもしれないけどさ、

それじゃ、やっぱりつまらないじゃんね。

無意味に生きる意味っていうのもあるかもしれないけど、それって結局無意味ってことだよね。

 

人生の無意味さに耐えられるようになれば、生きるのだいぶラクになるかもしれないけど、

ラクできればいいってもんでもないよね。

ちょっとやそっときつくても、

僕は、生きたっていう手応えのある人生がいい。

まあ、いままでで十分手応えあるとも言えるんだけど、僕は欲張りなんですー。

自分の作る音楽は、もっともっと手応えのある場所に行けるって思ってる。

だから、連れてってあげなくちゃね。

まだ独り立ちできるほどじゃなくて、よちよち歩きだから、手を貸してあげないとね。

 

それができたらなー、もう、やりきった感どばっと出ちゃうかもね。

一生かかってもできるかできないかだと思うけど、

僕の周りの、本気で音楽やってる人たちの中には、僕みたいな考え方の人もいるんじゃないかなあ。

そういう人とも、そうでもない人とも、音楽でつながれるなら嬉しいんだけど、

それでも、いい音楽さえ作ってれば誰とでもつながれるなんて、妄想でしかないもんね。

ホントにそう。

とっくに妄想の世界からは僕は出たと思ってたんだけど、出入り自由になった方がもっと楽しいのかな。

うん、妄想、時にはすごく楽しくて、時には生きていくのにすごく必要だもんねえ。

出入り自由をめざして、妄想時々やっちゃおうか。

 

てゆうか、やっとそういうことを考えられるくらいに、余裕が持ててきた感じ?

ちょっと前、ほんの何年か前の僕はもう、生きてるだけでいっぱいいっぱいでさ、

そんなこと考える余裕なんか全っ然なかったと思うよ。

きっと、いろんなことがいい方向にいま行ってるから、その勢いを逃しちゃダメだよね。

いい方向に行ってない時をイヤって言うほど経験してきたからわかるですよ。

いまは、とてもいい感じです。

ありがとうって、みんなに言いたい。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM