明けても暮れてもライムベリー。

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 17:05

僕とライムベリーの出会いは、Spotifyの履歴によると、

今年の2/1にさかのぼる。

DJ DECKSTREAMのアルバム、「DECKSTREAM.JP」の中の一曲、

「BRIGHT LIGHT feat.ライムベリー」が、きっかけだと思う。

SpotifyのElectroっぽいプレイリスト聴いていて、偶然耳に入ったんだよね。

その時は、とりあえず保存して、しばらくはなんとなく聴いていたんだけど、

ライムベリーの名前でSpotifyやAmazon musicを検索しても、あんまりヒットしない。

誰かのアルバムにそっと参加しているのがひっかかるだけで、

ライムベリーのアルバム、あるいはシングルはヒットしない…。

今は活動してないのかな、と、何となく思い、そこでいったんライムベリーと僕の縁は薄くなる。

 

が、切れはしなかった。

(縁ってそういうものだよね。)

 

最近また、ほんの数曲僕のiPhoneの中に入っている音源を聴いて、

やっぱりちゃんと聴きたくなり、(いまそういうアーティストさんを自分でディグって聴きたい時期〜。)

Spotifyがダメなら、YouTubeとAmazonとWikipediaだと思い、検索…。

いろいろヒット。(←これは、ダブルミーニング)

てゆうか、すごいヒットだよね!

Amazonでは、何種類かアルバム売ってた。

Wikiによると、デビューは2012年。

いろんな事情とメンバーチェンジを経て、2017年12月に現メンバーでアルバム「SERIES 1」を発表。

で、合ってる?

興味のある方は、Wikiを見てみてください。いろいろ載ってます。

 

久しぶりに(Maison book girl以来?)、没入したくなるアーティストさんの登場です。

(僕のココロの中にね)

ライヴ映像は今のところ、ココがいちばんいいと思う。(1時間25分、スゴイのがたっぷり観られます!)

昨日それを真夜中に観ちゃってさ、とってもとってもいい刺激を受けたので、

例の、Ableton Liveで作った自分の曲をネットに上げた。よろしければ聴いてください〜。

今のところダウンロードフリーにしてあります!!

でも、まだ習作の域を出ていないし、タイトルはテストネーム。

インスト曲はタイトルつけるのむずかしいね!

 

この曲は僕にしちゃー、まあ僕っぽい出来になったとは思うけど、

好き嫌いはやっぱり分かれそう。

そういうものの方が、僕は好きだけどね。

万人に愛されるものには、あんまり興味がない。

シアワセな人をよりシアワセにする音楽には興味がない、って言った人もいるみたいだけど、

ちょっとそれと似てるかな。

ライムベリーもいろいろいろいろあったみたいだけど、上に貼ったYoutubeのライヴ映像と、

あと、このSoundCloudの音源がとてもいい。

「SIRIES 1」は、いま取り寄せ中。週末くらいに僕のとこに届く予定。

ヨロコビ色の、僕の音楽生活。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM