誘惑する視線

  • 2018.11.02 Friday
  • 05:11

午前中仕事。

まあそれは滞りなくこなせた。

でもまだちょっと、風邪っぽいのが抜けないなあ。

昨日調子に乗って外、出歩いてきちゃったからなあ。

 

今日は知人のライヴにお呼ばれし、(料金はちゃんと払うよ!)

午後7時までに新宿近くのライヴハウスに行く予定。

でも、先に内科行っとこうかな〜。

咳と鼻水とくしゃみが止まらないので。

で、午後イチで行ってきました。

それぞれ薬出してもらって(抗生剤は今回は無し)、飲んだらよくなった、ような気もする。

あんまり咳や鼻水がひどい状態で電車に乗るのはどうかなあとも思ったんだけど、

せっかくのライヴの予定なので、出かけるだけ出かけることにする。

あんまり具合が悪いようだったら帰ってくればいいしね。

 

で、出かけてみたら、

そんなにひどくはないんですよ、咳も、鼻水も。

これは、やっぱりあれだね、前もちょっと話題になったことあるんだけど、ハウスダストだね。

間違いないでしょう。

まあそれはしょうがないなー。

 

というわけでライヴへ。

知人が出ているとはゆえ、そのバンドは初めて聴くのです。

でもよかったよ!

すごくよかった。

ギターとアコーディオンとパーカッション。と声。

このバンドはトリで、その前にギター弾き語りさんがふたり出た。

で、思ったんだけど、それは、ギター弾き語りっていうのは、

自分というものがすごくストレートに出る、すごく洗練された形態だなあということ。

だから、今回出たお二方のギター弾き語りもそれぞれ全然違うもので、

だからこそ聴く人に、弾く人の人となりをかなり正確に教えてくれる。気がする。

 

話がそれた。

コヤの雰囲気も手伝い、お目当のバンドの楽器の音が心地良い。

いつまでもいつまでも聴いていたくなっちゃうけど、

そうもいかない。

終わりはくるけど、でもそれは、新しいことの始まり。

歌でしか、できないことが僕の中にあって、じりじりしてる。

 

 

実はこの日記は、ライヴが終わって、

翌朝4時半になって書いている。

なので、なのか、なのに、なのか、どっちでもいいが、その場の雰囲気を上手く書けなくて申し訳ない。

でもまあ、ライヴってそういうものだよね。

音源は音源で楽しいけど、

一期一会、だから楽しい、っていうのはあるね。

 

いつか僕もライヴやれるといいが、

実力的にはまだまだだ…。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM